かっこいい四字熟語|座右の銘にも使える厳選108
 

      

  • かっこいい四字熟語|座右の銘にも使える厳選108
  •  

かっこいい座右の銘250偉人やアニメの感動名言
 

      

  • かっこいい座右の銘250偉人やアニメの感動名言
  •  

仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
 

      

  • 仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
  •  

座右の銘|素晴らしい人生へと導く言葉65選
 

      

  • 座右の銘|素晴らしい人生へと導く言葉65選
  •  




有名ことわざ一覧 た行

仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
 

      

  • 仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
  •  


 

      

  • お祝いの四字熟語・名言・ことわざ40選!仕事や入学
  •  


 

      

  • 【座右の銘】人生を素晴らしくする言葉65選
  •  


 

      

  • ロト7史上最高額当選28億円!イオンにチャンス!
  •  

では、続いて「た行」の有名ことわざです。


152 対岸の火事
(たいがんのかじ)

自分には無関係で、影響を受けないこと。


153 大は小を兼ねる
(だいはしょうをかねる)

大きなものは小さいものの代わりになる。


154 高嶺の花
(たかねのはな)

望んでも手に入れられないものの例え。


155 高見の見物
(たかみのけんぶつ)

自分には直接利害の関係しない立場にいて傍観すること。


156 宝の持ち腐れ
(たからのもちぐされ)

役に立つものを持っていながら、それを利用しないことのたとえ。


157 竹を割ったよう
(たけをわったよう)

物事にこだわらず、さっぱりしている。一本気の人。


158 多勢に無勢
(たぜいにぶぜい)

大人数に少人数に対抗しても、とても勝ち目はないということ。


159 叩けば埃が出る
(たたけばほこりがでる)

どんな人や物事でも、細かく調べれば欠点や秘密、悪行が見つかるものだということ。


160 ただより高いものはない
(ただよりたかいものはない)

ただでものをもらうと、お礼に金がかかったり、恩に着せられたりして、かえって高くついてしまうということ。


161 立つ鳥跡を濁さず
(たつとりあとをにごさず)

立ち去った跡がを見苦しくないよう、きれいにしておくべきであるという戒め。


162 旅の恥じはかき捨て
(たびのはじはかきすて)

旅先では知り合いもいない、またすぐに立ち去ってしまうので、普段ならしないような恥ずかしい行為も平気でやってしまうということ。


163 玉の輿に乗る
(たまのこしにのる)

普通の女性が、地位や財産のある富貴な人と結婚すること。


164 短期は損気
(たんきはそんき)

短期を起こすと、人といざこざが起こったり、仕事もうまくいかなかったりと、結果的に自分が損をすることになるということ。


165 竹馬の友
(ちくばのとも)

幼友達のこと。


166 血も涙もない
(ちもなみだもない)

冷酷で強欲、人間的な思いやりがないこと。



167 長所は短所
(ちょうしょはたんしょ)

長所もあてにしすぎると、かえって失敗することがある。長所も時には短所になるので気をつけよという戒め。


168 塵も積もれば山となる
(ちりもつもればやまとなる)

塵のようにわずかなものでも、積もり積もれば山のように大変な量になるということ。


169 血湧き肉躍る
(ちわきにくおどる)

高揚して、全身に活力がみなぎるさま。


170 月と鼈
(つきとすっぽん)

(つきとすっぽん)形は似ているが、実質は比較にならないほど全く違うことのたとえ。


171 辻褄を合わせる
(つじつまをあわせる)

話の前後をもっともらしく合わせて、矛盾がないようにすること。


172 罪を憎んで人を憎まず
(つみをにくんでひとをにくまず)

犯した罪は憎むべきであるが、罪を犯した人を憎んではいけないという教え。


173 爪の垢を煎じて飲む
(つめのあかをせんじてのむ)

自分よりも優れた人を見習って、自分を高めたいという気持ちのこと。


174 鶴の一声
(つるのひとこえ)

これまでまとまらかった議論を収める権力ある者の一声。


175 鶴は千年、亀は万年
(つるはせんねん、かめはまんねん)

長寿を祝うときに用いる言葉。


176 敵は本能寺にあり
(てきはほんのうじにあり)

真の目的とするところは、今やっているものとは別のところにあるということ。


177 鉄は熱いうちに打て
(てつはあついうちにうて)

鉄は真っ赤に焼けている柔らかいうちに、同様に、人間は若いうちに十分に鍛えることが大切であるということ。


178 手に汗握る
(てにあせにぎる)

緊迫したことに遭遇して、はらはらしている様子。


179 手も足も出ない
(てもあしもでない)

自分の能力ではどうすることもできなくて困っている様。


180 出る杭は打たれる
(でるくいはうたれる)

才能があり優秀な人は、人にねたまれたり憎まれたりしやすいことのたとえ。


181 伝家の宝刀
(でんかのほうとう)

とっておきの切り札、奥の手のこと。


182 天上天下唯我独尊
(てんじょうてんげゆいがどくそん)

この世の中で自分より尊いものはいないということ。


183 天は二物を与えず
(てんはにぶつをあたえず)

神は1人の人間に才能ばかりを与えない。欠点のない人間などいないということ。


184 天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず
(てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず)

人間は生まれた時から全て平等である。身分や家柄、職業によるで上下などないということ。


185 頭角を現す
(とうかくをあらわす)

多くの人の中で、才能や学識がずば抜けて優れていること。


186 灯台下暗し
(とうだいもとぐらし)

身近な事はかえって気がつかないものであるということ。


187 時は金なり
(ときはかねなり)

時間はかけがえのないもの。金銭と同じように貴重なものであるということ。


188 毒を食らわば皿まで
(どくをくらわばさらまで)

悪事に手を染めたからには、開き直り悪の限りを尽くすこと。


189 毒を以て毒を制す
(どくをもってどくをせいす)

悪を除き取り除くために、別の悪を利用すること。


190 年寄りの冷水
(としよりのひやみず)

老人が自分の年人ふさわしくない行動とり無理をしたりすること。


191 鳶が鷹を産む
(とびがたかをうむ)

平凡な両親から優れた子供が生まれることのたとえ。


192 飛ぶ鳥を落とす
(とぶとりをおとす)

権力や勢力が非常に盛んな様子のたとえ。


193 捕らぬ狸の皮算用
(とらぬたぬきのかわざんよ)

不確実な事に期待をかけ、それをあてにして計画を立てることのたとえ。


194 虎の威を借る狐
(とらのいをかるきつね)

強い者の権力を笠に着て威張ること。


195 団栗の背比べ
(どんぐりのせいくらべ)

どれも平凡なものばかりで大した差がないようす。


196 飛んで火に入る夏の虫
(とんでひにいるなつのむし)

自ら進んで危険や災い身を投じること。

>目次に戻る

有名ことわざ一覧 な行

有名ことわざ一覧と意味 な行

社長の名言75選!時代に名を残す経営者達の言葉
 

      

  • 社長の名言75選!時代に名を残す経営者達の言葉
  •  

偉人の名言|努力なくして成功なし!偉人の言葉
 

      

  • 偉人の名言|努力なくして成功なし!偉人の言葉
  •  

座右の銘|道を切り開く、挑戦、勇気の名言85選
 

      

  • 座右の銘|道を切り開く、挑戦、勇気の名言85選
  •  

目標、信念の四字熟語!自分を鼓舞する言葉75選
 

      

  • 目標、信念の四字熟語!自分を鼓舞する言葉75選
  •  

では、続いて「な行」の有名ことわざです。


197 無い袖は振れない
(ないそではふれない)

実際にないものはどうしようもないということ。


198 長い物には巻かれろ
(ながいものにはまかれろ)

権力のあるものや目上の人には逆らわず、相手の言うなりに従っている方が無難であり、得策だということ。


199 鳴かず飛ばず
(なかずとばず)

長いこと目立った活躍をしていないこと。


200 泣き面に蜂
(なきつらにはち)

不幸なことが重なって起こることのたとえ。


201 泣く子は育つ
(なくこはそだつ)

大声でなく赤ん坊は元気な証拠であり、よく泣く子は丈夫に育つということ。


202 泣くまで待とう時鳥
(なくまでまとうほととぎす)

好機が来るまで忍耐強く待つことをいうこと。



203 情けは人の為ならず
(なさけはひとのためならず)

人に情けをかければ、巡り巡ってやがて自分にも返ってくるものである。人には親切にせよという教え。


204 成せばなる
(なせばなる)

物事はその気になればどんなことでもできるということ。


205 七転び八起き
(ななころびやおき)

何回失敗しても諦めずに奮起し、頑張ることのたとえ。


206 煮え湯を飲まされる
(にえゆをのまされる)

信用して気を許している人に裏切られ、ひどい目にあうこと。


207 逃した魚は大きい
(のがしたさかなはおおきい)

一度手に入れかけてから失ったものは、実際よりも素晴らしく思えるものだというたとえ。


208 憎まれっ子世に憚る
(にくまれっこよにはばかる)

人から恨まれるような者が、かえって世渡りがうまく世間にのさばるのいうこと。


209 肉を斬らせて骨を斬る
(にくをきらせてほねをきる)

勝つために捨て身の戦法を取ること。


210 二足のわらじを履く
(にそくのわらじをはく)

両立しないような二つの仕事を、一人ですること。


211 似た者夫婦
(にたものふうふ)

長く連れ添う男女は、互いに影響をされて似てくるということ。


212 二度あることは三度ある
(にどあることはさんどある)

二度起こったことは、さらに起こる可能性が高いので注意せよという意。


213 二兎を追う者は一兎をも得ず
(にとをおうものはいっとをもえず)

欲を出して同時に二つのことをやろうとすると、どちらも成功しないということのたとえ。


214 二の足を踏む
(にのあしをふむ)

決心がつかずためらうことのたとえ。


215 盗人猛猛しい
(ぬすっとたけだけしい)

悪事を働きながら、図々しく平然としているさま。


216 寝首をかく
(ねくびをかく)

相手の隙をついて騙したり、不意打ちをしたりして相手を陥れること。


217 猫に小判
(ねこにこばん)

貴重なものを待っていても、価値をわからない者には何の役にも立たないことのたとえ。


218 猫の手も借りたい
(ねこのてもかりたい)

誰でもいいから手伝ってほしいほど忙しい様子。


219 寝た子を起こす
(ねたこをおこす)

ようやく落ち着いた問題を、余計なことをして蒸し返すことのたとえ。


220 寝耳に水
(ねみみにみず)

思いがけない不意の知らせ。


221 根も葉もない
(ねもはもない)

全く何の根拠もないことのたとえ。


222 寝る子は育つ
(ねるこはそだつ)

よく眠る子は健康で大きく育つということ。


223 年貢の納め時
(ねんぐのおさめどき)

悪事を続けてきたものが、捉えられて罪に服することになったとき。


224 念には念を入れよ
(ねんにはねんをいれよ)

注意の上にさらに注意をし落ち度のないように行えということ。


225 脳ある鷹は爪を隠す
(のうあるたかはつめをかくす)

本当に優れた才能をもつ者は、むやみにそれをひけらかすような事はしないということ。


226 残り物に福がある
(のこりものにふくがある)

人が取り残したものや余ったものには、思いがけない幸運があるということ。


227 喉から手が出る
(のどからてがでる)

非常に欲しくてたまらない様子のたとえ。


228 乗り掛かった船
(のりかかったふね)

一度物事を始めたり、関わりを持った以上、途中でやめるわけにはいかなうということ。

>目次に戻る

有名ことわざ一覧 は行

かっこいい四字熟語|座右の銘にも使える厳選108
 

      

  • かっこいい四字熟語|座右の銘にも使える厳選108
  •  

かっこいい座右の銘250偉人やアニメの感動名言
 

      

  • かっこいい座右の銘250偉人やアニメの感動名言
  •  

仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
 

      

  • 仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
  •  


 

      

  • 2019春巨大地震の予兆?地震雲、地鳴り相次ぐ!
  •  

続いては、「は行」の有名ことわざです。


229 背水の陣
(はいすいのじん)

絶体絶命の状況で、決死の覚悟でことにあたること。


230 吐いた唾は呑めぬ
(はいたつばはのめぬ)

いちど言った言葉は、後になって取消せないということ。


231 馬鹿と鋏は使いよう
(ばかとはさみはつかいよう)

愚かな者でも使い方によっては役に立つということ。


232 馬鹿につける薬はない
(ばかにつけるくすりはない)

愚か者は何をどうやっても救いようがないということ。


233 馬鹿の一つ覚え
(ばかのひとつおぼえ)

覚えた一つことを頑なに繰り返し、他のことを理解しようとしないこと。


234 拍車をかける
(はくしゃをかける)

物事の進行をいっそう速くすること。


235 化けの皮がはがれる
(ばけのかわがはがれる)

今まで隠していた素性や真相が見破られること。



236 箸にも棒にも掛からぬ
(はしにもぼうにもかからぬ)

どうにも手がつけられないこと。


237 裸一貫
(はだかいっかん)

自分の体以外には財産や元手になるものが何もないこと。


238 破竹の勢い
(はちくのいきおい)

激しい勢いのこと。


239 蜂の巣をつついたよう
(はちのすをつついたよう)

混乱し大騒ぎしている様。


240 鳩に豆鉄砲
(はとにまめでっぽう)

思いがけずにびっくりして、キョトンとしているさま。


241 話し上手は聞き上手
(はなしじょうずはききじょうず)

本当に話の上手な人は、他人の話を聞くのも上手であるということ。


242 花より団子
(はなよりだんご)

風流よりも実益、外見よりも内容を大切にするということ。


243 歯に衣着せぬ
(はにきぬきせぬ)

遠慮せずに素直に思ったことを言う。


244 早起きは三文の得
(はやおきはさんもんのとく)

早起きは体にも良く、何かと得をすることがあるということ。


245 腹が減っては戦ができぬ
(はらがへってはいくさができぬ)

物事を行うには十分な準備が必要であること。


246 針の筵
(はりのむしろ)

(はりのむしろ)どうにもいたたまれない、辛い立場や境遇のたとえ。


247 万事休す
(ばんじきゅうす)

すべての事が終わったということ。


248 一筋縄で行かぬ
(ひとすじなわでいかぬ)

普通のやり方では、思うようにいかないことのたとえ。


249 人のふり見て我がふり直せ
(ひとのふりみてわがふりなおせ)

他人の姿や行動を見て良いところを見習い、悪いところは自分の行動を改めよということ。


250 一旗上げる
(ひとはたあげる)

新規事業を起こすなど、運命を切り開いて成功すること。


251 一肌脱ぐ
(ひとはだぬぐ)

人を援助するために力を尽くすこと。


252 人は見かけによらぬもの
(ひとはみかけによらぬもの)

人の性格や人柄などは外見だけでは判断することができない。


253 火に油を注ぐ
(ひにあぶらをそそぐ)

勢いのあるものを、より一層勢いづかせることのたとえ。


254 火のない所に煙は立たぬ
(ひのないところにけむりはたたぬ)

何らかの根拠のないところには噂は立たないはずであるということ。


255 百害あって一利なし
(ひゃくがいあっていちりなし)

弊害ばかりがあって、良い事は何一つないということ。


256 百聞は一見に如かず
(ひゃくぶんはいっけんにしかず)

人の話を百回繰り返して聞くよりも、自分の目で一度見る方がはるかに確かであるということ。


257 氷山の一角
(ひょうざんのいっかく)

表面に現れているのは一部分だけで、ほとんどの部分は隠れていることのたとえ。


258 火を見るよりも明らか
(ひをみるよりもあきらか)

極めて明白で疑いを入れる余地が全くのないことのたとえ。


259 貧乏暇なし
(びんぼうひまなし)

貧乏すると、日々の生活に追われゆとりや余裕がないということ。


260 風雲急を告げる
(ふううんきゅうをつげる)

今にも大きな異変が起こりそうな、緊迫した情勢になることのたとえ。


261 風前の灯火
(ふうぜんのともしび)

危険にさらされていて、人命が失われそうなことのたとえ。


262 覆水盆に帰らず
(ふくすいぼんにかえらず)

一度してしまった失敗は、取り返しがつかない。


263 踏んだり蹴ったり
(ふんだりけったり)

何度もひどい目に合うことのたとえ。


264 臍が茶を沸かす
(へそがちゃをわかす)

(へそがちゃをわかす)あまりにおかしく、ばかばかしくて話にならないことのたとえ。


265 下手な鉄砲も数打ちゃ当たる
(へたなてっぽうもかずうちゃあたる)

下手な者でも何度もやっていれば、成功することもあるということ。


266 下手の横好き
(へたのよこずき)

下手なくせに、そのことが非常に好きで熱心なこと。


267 弁慶の泣きどころ
(べんけいのなきどころ)

弁慶ほどの豪傑であっても痛がって泣くほどの急所のこと。一番の弱点。


268 ペンは剣よりも強し
(ぺんはけんよりもつよし)

思想や言論の力は、武力よりも強大であるということ。


269 棒に振る
(ぼうにふる)

それまでの努力を無駄にしてしまうこと。


270 墓穴を掘る
(ぼけつをほる)

自分がしたことが原因で自らを破滅に導いてしまうこと。



271 仏の顔も三度
(ほとけのかおもさんど)

どんなに温厚な人でも、何度も無礼が重なれば腹を立てるということ。


272 骨折り損の草臥れ儲け
(ほねおりぞんのくたびれもうけ)

苦労することばかりで何の利益も上がらずに、疲れだけが残ってしまうということ。


273 盆と正月が一緒に来たよう
(ぼんとしょうがつがいっしょにきたよう)

非常に忙しいさま。また、嬉しいことが重なることのたとえ。

>目次に戻る

有名ことわざ一覧 ま行

有名ことわざ一覧と意味 ま行

かっこいい四字熟語|座右の銘にも使える厳選108
 

      

  • かっこいい四字熟語|座右の銘にも使える厳選108
  •  


 

      

  • 恋愛・愛情の名言60選!大切な人を想う心の名言
  •  


 

      

  • 偉人の名言|挑戦する気持ち、勇気が出る名言43
  •  


 

      

  • デスクワーク必見!簡単ストレッチで首肩コリをすっきり解消
  •  

続いては、「ま行」の有名ことわざです。


274 負けるが勝ち
(まけるがかち)

ときには相手に勝ちを譲ることが、後々かえって有利な結果となり、勝ちに結びつくということ。


275 馬子にも衣装
(まごにもいしょう)

身なりさえ整えれば、つまらない人間でも立派に見えるということ。


276 満を持す
(まんをじす)

準備を十分に整えて、好機の到来を待つこと。


277 身から出た錆
(みからでたさび)

自分自身の過ちや過失のために、後で不幸な目にあうこと。


278 神輿を担ぐ
(みこしをかつぐ)

ある人を担ぎ出して、おだてたり、持ち上げたりすること。


279 見猿、聞か猿、言わ猿
(みざる、きかざる、いわざる)

他人の短所や過ちは、見ない、聞かない、言わないほうがいいということ。


280 水を得た魚
(みずをえたさかな)

自分に適した環境や分野で、生き生きとして活躍するさま。


281 水を差す
(みずをさす)

物事がうまくいっているときに、横から邪魔をすること。


282 三つ子の魂百まで
(みつごのたましいひゃくまで)

幼いときの形成された性格は、一生変わらないということ。


283 耳に胼胝ができる
(みみにたこができる)

同じことを何度も繰り返し聞かされうんざりすること。


284 身も蓋もない
(みもふたもない)

あまりにあからさますぎて風情がないこと。


285 見ると聞くとは大違い
(みるときくとはおおちがい)

話に聞いたことと、実際に自分の目で見たことでは大きな違いがあるということ。


286 身を粉にする
(みをこにする)

苦労をいとわず、精一杯働くこと。


287 昔取った杵柄
(むかしとったきねづか)

若い頃に鍛えて身につけた技術、技量は年を取っても衰えないということ。


288 無用の長物
(むようのちょうぶつ)

あっても役に立たず、かえって邪魔になるもののこと。


289 無理が通れば道理引っ込む
(むりがとおればどうりひっこむ)

道理に反することが平気で通る世の中では、道理にかなう事が行なわれなくなるということ。


290 目から鱗が落ちる
(めからうろこがおちる)

何かがきっかけとなって、それまでわからなかった道理や真相が、理解できるようになること。


291 目糞鼻糞を笑う
(めくそはなくそをわらう)

自分の欠点に気づかずに他人の同じような欠点を笑うこと。


292 目に入れても痛くない
(めにいれてもいたくない)

可愛くてたまらないさま。


293 目には目を、歯には歯を
(めにはめを、はにははを)

自分が受けた危害と、同じやり方で仕返しをすること。


294 目の上の瘤
(めのうえのこぶ)

目障りのもの、邪魔なもののたとえ。


295 目は口ほどに物を言う
(めはくちほどにものをいう)

目は口と同じくらいに。相手に気持ちを伝えることができるということ。


296 餅は餅屋
(もちはもちや)

何事も、その道の専門家に任せるのが間違いないということ。


297 元の木阿弥
(もとのもくあみ)

一旦良くなったものが、再び以前と同じ悪い状態に戻ることのたとえ。


298 求めよ、さらば与えられん
(もとめよ、さらばあたえられん)

自分から積極的に行動し努力をしていけば、それに見合った良い結果が得られるという教え。


299 元も子も失う
(もともこもうしなう)

何もかも全て失ってしまうこと。

スポンサーリンク


300 物は言いよう
(ものはいいよう)

同じことでも言い方一つで、良くも悪く受け取られるということ。


301 物は相談
(ものはそうだん)

ひとりで考え込まず、誰かに相談をしてみると、意外にうまくいくことがあるという意味。


302 物は試し
(ものはためし)

何事でもやってみないとわからない。とにかくまずはやってみようということ。


303 桃栗三年柿八年
(ももくりさんねんかきはちねん)

芽が出てから実がなるまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかる。何を成すも成就するまでには相応の年数が必要だということ。


304 両刃の剣
(もろはのつるぎ)

一方では役にたつが、その一方で害を与えること。

>目次に戻る

有名ことわざ一覧 や・ら・わ行

有名ことわざ一覧と意味 や・ら・わ行

仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
 

      

  • 仕事で使える前向き四字熟語60選【努力、決断】
  •  


 

      

  • お祝いの四字熟語・名言・ことわざ40選!仕事や入学
  •  


 

      

  • 【座右の銘】人生を素晴らしくする言葉65選
  •  


 

      

  • ロト7史上最高額当選28億円!イオンにチャンス!
  •  

最後は、「や・ら・わ行」の有名ことわざです。


305 焼け石に水
(やけいしにみず)

状況が悪化しわずかな援助や努力では、何の効果もないこと。


306 焼け木杭に火がつく
(やけぼっくいにひがつく)

(やけぼっくいにひがつく)過去に関係のあった者同士の関係は再び元に戻りやすいということ。


307 安かろう悪かろう
(やすかろうわるかろう)

価格が安いものは、品質も悪いということ。


308 安物買いの銭失い
(やすものがいのぜにうしない)

値段の安いものは品質も悪くて、結局は損をすることになるということ。


309 薮から棒
(やぶからぼう)

突然のこと。唐突なこと。


310 病は気から
(やまいはきから)

病気は気の持ちようで良くも悪くもなるということ。


311 槍玉に挙げる
(やりだまにあげる)

特定の人物や事柄を対象にして、集中的に非難や攻撃を加えること。


312 有終の美
(ゆうしゅうのび)

物事をやり遂げ、結果を残すこと。


313 横槍を入れる
(よこやりをいれる)

関係のない第三者が口出しをすること。


314 弱り目に祟り目
(よわりめにたたりめ)

不運なことが重なること。弱っている上に不運が重なる。


315 楽あれば苦あり
(らくあればくあり)

楽をした後には必ず苦しいことがある。


316 埒が明かない
(らちがあかない)

物事が一向に進まず、結論が出ないこと。


317 両手に花
(りょうてにはな)

二つの良いものを同時に手に入れることのたとえ。


318 良薬は口に苦し
(りょうやくはくちににがし)

自分のためになる忠告ほど、聞き入れにくいということ。


319 類は友を呼ぶ
(るいはともをよぶ)

性格や考え方の似た物は、いつの間にか自然と寄り集まるということ。


320 ローマは一日にしてならず
(ろーまはいちにちにしてならず)

大きな事業を成し遂げるためには、長い間の努力と苦労なしにははできないというたとえ。


321 論より証拠
(ろんよりしょうこ)

議論を何度も重ねるより、証拠を示す方が確かであるということ。


322 禍を転じて福となす
(わざわいてんじてふくとなす)

身に振りかかった災いが反対に幸せに変わること。


323 渡りに船
(わたりにふね)

困っているときに、好都合なことが起こること。


324 渡る世間に鬼はない
(わたるせけんにおにはない)

世の中には鬼のような薄情な人ばかりでなく、親切で人情に厚い人もいるということ。


325 笑う角には福来たる
(わらうかどにはふくきたる)

苦しい時でも笑い声に満ち溢れた所には、自然に幸福が舞い込んでくるということ。


以上、意味付き有名なことわざ一覧でした。
「へぇ〜」「なるほど!」の再発見はたくさんあったでしょうか?

今回紹介したことわざは、よく目にしたり日常会話で使われる有名なことわざ。
みなさんが知らないようなことわざも、まだまだたくさんの存在しています。

今度はまた別の切り口でことわざを紹介してまいります。
ぜひ楽しみにしていてください!

月額933円で見放題!
→まずは2週間無料トライアル